全日本鍼灸学会神奈川地方会30周年記念講演会
   女性鍼灸師フォーラム2008年度会員招待

    

日時:2009年1月25日(日)午後3時15分〜午後4時35分(80分)
受付開始午後2時45分〜(記念式典終了次第)

演題:女性のライフサイクルとストレス適応の仕組み
    人間総合科学大学・人間科学科・教授 佐藤優子

会場:はまぎんホール ヴィアマ−レ(横浜銀行ホール)
   JR根岸線 桜木町駅から徒歩約5分
    横浜市西区みなとみらい3−1−1 
    JR・横浜市営地下鉄線 桜木町駅下車 動く歩道利用5分
    1本目の動く歩道を降りて、左側の通路へ向かって下さい。


<講師のご紹介>
佐藤優子氏は、佐藤昭夫氏・R.F.Schmidt氏とともに、ドイツ・米国において体性―自律神経反射の基礎研究の最前線を歩まれました。帰国後は東京都老人総合研究所で、自律神経研究の第一人者として活躍され、1980年代からは、米国の女性研究者とともに、それまでほとんど明らかにされていなかった子宮の平滑筋や血管を支配する自律神経の研究を始められています。現在は、人間総合科学大学大学院教授の職に在り、生理学者としての新たな視点から「ライフサイクルと心身の健康」に関する講義をされています。                   
 なお、佐藤優子氏は、1990年から10年間、筑波技術短期大学(現・筑波技術大学)の教授として、内臓の自律神経機能に及ぼす鍼・灸・マッサージ刺激の効果に関する基礎的研究を手がける鍼灸の研究者の指導に尽力されてきました。                         
                    (健康科学大学准教授 志村まゆら)